〒370-2104  群馬県高崎市吉井町馬庭1478-1
TEL : 027-388-3511  FAX : 027-388-2298

 

オンライン学校説明会

オンライン学校説明会
バナーをクリックすると専用ページへジャンプします。


入学者相談会・芸術科実技講習会情報はこちら(終了しました)
健康状態申告書はこちら

学校案内

画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。
 

ログイン

人事希望表明制度

群馬県立吉井高等学校人事希望表明制度公募資料
画像をクリックで拡大

 

ハイスクールガイド

吉井高校のハイスクールガイド

↓県内の他の高校
 

学校ポスター

画像をクリックで拡大
 

カウンタ

閲覧者数113448

令和2年度学校経営方針について

令和2年度学校経営方針
群馬県立吉井高等学校

■校訓
  「明るく」「清く」「正しく」「強く」「美しく」

■教育目標
知・徳・体のバランスがとれ、何事にも挑戦するたくましさを持ち、社会に貢献できる人間を育成する。

■教育方針(育てたい生徒像)
 校訓と教育目標の達成を目指した教育活動を実践することにより、本校で学ぶ喜びと誇りをいだき、郷土を愛し、将来、グローバル社会に対応しながら地域社会に貢献できる総合力とチャレンジ精神を持った人間を育てる。
具体的には、次の点を目標とする。
(1)  基礎的・基本的な学力を身に付けるとともに、思考力・判断力・表現力及び学習意欲とチャレンジ精神を持った生徒の育成
(2)  地域課題とグローバル社会に対応しながら、礼儀正しく、豊かな心と社会性を身に付けた生徒の育成
(3)  文武両道の精神の下、健康でたくましい生徒の育成

 育成を目指す生徒像、育成方策等については、「吉井高校グランドデザイン2020」に位置付け、3年間を通して、本校のすべての学校教育の中で一貫して育成する。

■令和2年度重点目標
 基本的生活習慣(しっかり声を出して挨拶する、時間を守る、社会や学校のルールを守る、自転車運転・携帯電話使用でのマナーを身に付ける、身の回りの整理・整頓・清掃、身だしなみを整える、授業のルールを守るなど)を確立することを基盤としながら、以下の取組の充実を図る。

1 授業の充実
 すべての学年及び授業で、生徒が主体的・対話的で深い学びを重視した授業を、引き続き推進します。
その際、授業ではICTを効果的に活用するとともに、授業の見通しを立てたり、授業を振り返ったりする活動を重視します。卒業時に、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、主体性等を身に付けた吉井高生を目指します。
 生徒は、授業において「授業のルール」を順守するとともに、他の生徒の意見を尊重し、よく聞き、積極的に発言するなど、授業に主体的に取り組んでください。

2 「カリキュラム・マネジメント」の視点の充実
 教育目標を実現するために、どのような教育課程を編成し、どのようにそれを実施・評価し改善していくのかという「カリキュラム・マネジメント」の視点が重視されています。
各教科や特別活動、部活動等、学校におけるすべての教育活動において、育てたい資質・能力を明確に示すとともに、これらを教科や学年の枠を越えて、教科横断的な視点から育成します。
具体的には、「吉井高校グランドデザイン2020」を元に、「企画会議」や「教員研修会」を開催し、学校の教育活動全体について年間を通して不断の見直しを図ります。
 生徒には、これからの社会で求められる資質・能力が身に付いたことを実感して卒業してもらうことをねらいとしています。

3 地域社会との連携、ボランティア活動の推進及び広報の充実
 「社会に開かれた教育課程」を目指し、地域社会とのつながりを重視した学校づくりを推進します。特に、部活動や課題研究等においては、社会との接点を持った取組を通して、生徒の豊かな学びを実現します。また、今年度も引き続き「ボランティア推進委員会」を設置し、地域の小中学校や施設への訪問を積極的に行うとともに、地域のイベントや行事等にも積極的に参加するなど、学校全体でボランティア活動を推進します。
 学校のWebページを充実させ、総合学科としての特徴的な取組をはじめ、生徒の活躍の様子などを積極的に情報発信します。

4 3年間を見通した課題探究型のキャリア教育の充実
 1年次の「産業社会と人間」をCS(キャリア・スタディー)1、2年次の「総合的な学習の時間」をCS2、3年次の「課題研究」をCS3とし、3年間を見通した課題探究型のキャリア教育「CS(キャリア・スタディー)1・2・3」を推進します。
 生徒は、様々な活動を通して、「課題を設定する」「調べる」「対話する」「まとめる」「発表する」「提案する」等、社会に出て必要とされる学びを身につけてください。    
 
5 系列の特色化、進路指導の充実
 4つの系列(文科系列、理科系列、芸術・福祉・体育系列、商業系列)の特色化を一層推進します。具体的には、国公立大学進学に向けた補習や小論文指導、芸術科実技講習会の開催や家庭科・商業科による販売甲子園の出場等、系列ごとに特色のある取組を一層推進します。また、様々な学びや様々な進路に対応した組織的な進路指導体制の確立を目指します。
 総合学科では様々な分野の学びが用意されています。どの系列からも国公立大学、私立大学、短大、専門学校へ進学したり、就職したりすることが可能です。どの系列に進んでも、それぞれの専門性を高め、希望の進路実現ができるよう進路指導体制を確立し、生徒の進路実現を支援します。
 生徒は、早い段階から将来の自分像をイメージし、そのために今何をすべきかを考え、高い目標を掲げ、その目標に向かって粘り強く努力してください。

6 資格取得の充実
 資格取得のための学習を、基礎的・基本的な学力と関連付けて行います。英語検定、漢字検定、数学検定及び家庭科、商業科等の各種検定など、進学や就職において評価の対象となる資格試験に積極的にチャレンジして上位級の取得を目指します。特に、英語検定については、全員が年2回の受験を基本とします。上位級を取得するために、授業や補習などを積極的に活用してください。

7 国際交流の充実
 希望者を対象とした米国研修等の海外研修を積極的に実施するとともに、海外からの高校生修学旅行等も受け入れ、国際親善と異文化理解、語学力向上を図るなど、国際交流事業を推進します。また、2年生においてシンガポールへの海外修学旅行を実施し、現地の高校生・大学生との交流や現地企業訪問等を行い、文化の違いを学んだり、国際的感覚を養ったりして視野を広めてください。

8 部活動の充実
 運動部、文化部とも部活動の一層の充実を図ります。
 部活動ごとに「目標」や「活動方針」、「活動内容」を話し合い、互いに励まし合い、切磋琢磨することによって、技術力の向上やチームプレーを身に付け、「目標」の達成を目指します。吉井高生は、自分たちの未知なる力を見出し、その力を信じ、伸ばし、最後まで諦めない粘り強い気持ちを持っている生徒が多く、数々の実績を残しています。